抗生物質について知ろう

抗生物質とは微生物を産生して他の微生物など生体細胞の増殖機能を阻害する働きがあり、細菌が増殖するのに必要な代謝経路に作用することで細菌にのみ選択的に毒性を示す。

抗生物質って何?

風邪をひいて熱が出た時などに病院で抗生物質が処方されることがありますが、そもそもこれはどんな薬なのでしょうか。
実は、抗生物質とは細菌だけに効く薬で、ウイルスには全く効果がありません。
風邪や発熱の原因のほとんどはウイルスによるものなので、これらには全く効かないことになります。
例えば、おたふく風邪やプール熱、はしか、水疱瘡などはウイルスが原因なので効きません。
インフルエンザや百日咳、マイコプラズマ肺炎など細菌性のものに限り有効です。
そのため、病院では症状の経過を見ながら細菌による感染症が疑われる場合に処方されるのが一般的です。
よく、「高熱が出たらとりあえず抗生物質を飲む」と考えている人がいますが、これは少々危険です。
なぜなら、体中に存在している常在菌も殺してしまうからです。
人間の体に存在している細菌は悪いものだけではありません。
乳酸菌などの善玉菌もいて、これは悪玉菌などの悪さをする菌と常に戦っています。
これらの常在菌が減少すると下痢になったり、感染症を引き起こす菌が体に入りやすくなったりして、風邪をひきやすくなってしまいます。
また、薬に対して耐性をもった菌が増えるという問題もあります。
少し症状が出たからといってすぐに薬を飲んでいると、細菌も進化して薬が効かなくなってきます。
そうなると風邪が治りにくい体になるので、いざという時に薬の効果を得られなくなってしまいます。
なので「抗生物質を貰ったら安心」という考えは捨てた方が良いかもしれません。
基本的に軽い咳や鼻水程度であれば薬を使わなくても治る可能性が高いです。
そもそも、咳や鼻水が出る状態とは体の免疫機能を活発にしてウイルスと細菌をやっつけようとしている状態です。
安易に薬をつかって咳や鼻水を抑え込むと、却って細菌の繁殖を促してしまい、体には良くないのです。
不必要な薬を使わず、重い病気を見逃さないためには、症状が出たらすぐに病院に行って医師の診察を受けることが大切です。
そして経過観察しながら必要な薬を処方してもらうことで、早期回復が望めるでしょう。
以前病院から処方された薬が家にストックされているということがよくありますが、そういった薬を素人判断で飲むのは非常に危険です。
抗生物質は細菌性の病気に対して非常に高い効果が期待できますが、使い方によって毒にもなります。
なので、医師も患者もこれを使う際には細心の注意が必要だと言えるでしょう。

■抗ウイルス剤をお探しならココ
コンジローマは再発に注意
カンジダにはエンペシド膣錠を服用!