抗生物質とは微生物を産生して他の微生物など生体細胞の増殖機能を阻害する働きがあり、細菌が増殖するのに必要な代謝経路に作用することで細菌にのみ選択的に毒性を示す。

妊娠中の辛い頭痛に抗生物質の入った薬は大丈夫?

妊娠中は女性にとって身体が変化していくなかで色々な症状で悩まされることがあります。
そのなかで、頭痛で悩まされることもあります。
それが妊娠中となると肉体的にも精神的にもつらいものです。
妊娠中となると薬はどうしても躊躇してしまうところです。そこで、妊娠中の薬がどれだの影響力があるかを調べてみました。
まず、どうして妊娠中に頭痛が起きるのでしょうか。それはホルモンの分泌の関係で起こるのです。多くは妊娠初期にみられます。
 
妊娠をすると黄体ホルモンが分泌されます。この黄体ホルモンは血管を拡張させ、血液の循環をよくする性質を持っています。
 
頭部の血管が拡張することによって、その血管のまわりの神経を圧迫してしてしまいます。血管が脈打つごとに頭が痛くなるのです。
 
 頭痛を治すには薬が一番効果的です。
産婦人科など妊娠をしていることをお医者さんに伝えてあれば処方される薬はまず安心です。ですが、市販薬などご自分の判断で飲用するのは少し危険です。
抗生物質は体内の細菌やウィルスの繁殖を抑えるために風邪薬などに使用されています。
この抗生物質は妊娠中の時期によって影響力が異なってくるのです。
まず、妊娠超初期。こちらは本人も妊娠しているかわからない時期です。この時期はお薬の影響はほとんどありません。
次に妊娠初期。この時期になるとご自分でも妊娠しているかは大体の方はわかっている時期、とても敏感なじきなので、
この時期には抗生物質を処方する産婦人科はほとんどありません。

そしていよいよ安定期。この時期になってくると抗生物質による影響の可能性はほとんどなくなります。ただし、副作用の強い抗生物質は服用することはおすすめできません。

以上、抗生物質についてですがこちらは副作用もあったりするので医師から処方されるものであり市販はされておりませ。
 
 
もしご心配でしたら、産婦人科の先生にご相談して抗生物質について尋ねてみましょう。