抗生物質とは微生物を産生して他の微生物など生体細胞の増殖機能を阻害する働きがあり、細菌が増殖するのに必要な代謝経路に作用することで細菌にのみ選択的に毒性を示す。

尿検査で性病発覚、抗生物質で治療も保険で3割料金

尿道がムズムズする、排尿をする時に、痛いなどという症状がみられることがあります。この場合は、いくつかの病名が考えられます。膀胱炎などの泌尿器的な可能性もあるでしょう。また性行為により性病に感染したかもしれないという人もいるかもしれません。いずれにしてもそれらの症状で受診をすることを考えたら、男性ならば泌尿器科、女性ならば、泌尿器科または産婦人科を受診することが多いです。そして受診をすると問診、視診や細胞検査などを行いますが、尿検査を行うこともあります。そして尿の中に何の菌が混じっているかによって感染の有無を知ることができます。また尿検査では尿の中に含まれる白血球が多いかどうかを知ることができます。白血球は体内で病原菌と戦って病気になることを予防とする働きを持つ血液細胞です。そのために白血球が多いということは何らかの感染があって戦っている血液細胞が多いということを意味します。そのために尿検査は有効的な検査なのです。病院を受診するときには、保険診療で治療を受けることができます。保険診療は3割負担であるために、患者の負担する料金は、3割の負担で済みます。それだけ高い費用になることはないということです。尿検査などで診断がしっかりついたら、今度は抗生物質などを投与して治療が始まります。この場合も3割負担の料金なので、患者の負担は下がってきますが、それでも料金が負担になるといった場合には、薬をジェネリック医薬品を使用することをお勧めします。通常の抗生物質でも最近はジェネリック医薬品が市場に出始めています。医師の診察を受ける際に、料金のこと、薬のことを相談するとジェネリック医薬品の抗生物質を選択をしてくれることもあります。