抗生物質とは微生物を産生して他の微生物など生体細胞の増殖機能を阻害する働きがあり、細菌が増殖するのに必要な代謝経路に作用することで細菌にのみ選択的に毒性を示す。

市販薬の抗生物質がない理由と個人輸入の場合について

抗生物質とは、微生物が作り出し、他の微生物の細胞などが増えるのを抑えたり、機能を阻害する物質の事で、殆どが抗菌薬のことを言いますが、広い意味では、抗ウイルス剤や抗真菌剤や抗癌剤も含まれます。
抗生物質が効果を表すには、血液中の濃度が大切で、初回に飲む量、次回以降に飲む時間や飲む量も厳しく管理されています。
指示通り服用しないと効果がないばかりか、生き残った菌が耐性菌になる可能性があります。飲み続ける期間も適当に決められているのではないのです。抗生物質の種類によりどのような性質の細菌に効果があるのかも様々です。このような理由で、医師の処方箋なしに飲み薬の抗生物質を手に入れることはできません。
したがって町の薬局やドラッグストアで市販されている抗生物質は、ありません。
市販の薬品は大衆薬といわれ、セルフメディケーションで使用しても安心な物が売られています。
安全性は高いものですが、細菌に対する抗生物質のような効果はあまり期待できません。
ただ軟膏の中には、抗生物質を含んだ物が市販されています。
例外としてですが、レボフロキサシンとスパルフロキサシン(どちらもニューキノロン系の抗菌物質です。好気性グラム陰性菌によく効きます)のジェネリックは個人輸入という形でネット上から購入する事が出来ます。
さらに、イブプロフェンを含む風邪薬や痛みどめ(大衆薬として市販されています)と一緒に使用するとけいれんを起こす可能性があります。
しかしながら、ニューキノロン系抗菌薬でも、どの細菌に効果があるかとか、その血中濃度で大丈夫だとかは、あくまでも個人の責任で使用する形となっています。後で耐性菌が出来たりしないように十分な注意が必要です。